自社にマーケティングオートメーションを導入

自社にマーケティングオートメーションを導入

よくある誤解としては質の摩天トラフィックを獲得しリード化する仕組みがナッシングままいきなりマーケティングオートメーションを実施してしまうケースです自社にマーケティングオートメーションを導入する前に考えなくてはいけない事は非常に明白で、そもそも質の不廉リードをコンスタントに獲得できる様なマーケティング活動をしているのか、ということです。購買のファネルの上にいる人達に対して、自社のコンテンツを通してリード化してもらえる様な仕組みがあるか如何か、が重要です。

つまり、50000件あったリストは3年間で21000件まで減少してしまうという事です。つまり、質が不明なリストに対してオートメーションを行うと、自分たちが壊してしまっているリスト数を上回るスピードでニュー”質の壮大”リードを獲得しなければリスト数は減る一方になる、ということです。

HubSpotの調査によると、データベースを一年間放置しておくと、総リスト数の25%が使い物にならなくなるという調査結果が出ています。